青森市のコロナ感染者は誰で名前と顔画像は?入院先の病院と感染経路も調査

 

青森市のコロナ感染者は誰で名前と顔画像は判明した?

 

青森市で、初となるコロナ感染者(青森県内では11人)が出たと発表されたのは、4月3日夜のことです。

県内ではすでに何名かコロナ感染者が出ていたものの、青森市では初。

 

市内には衝撃が走りました。

この、青森市で1人目となったこの方は誰なのでしょうか。

 

調べてみましたが、この方は一般人であることもあり、名前や顔画像は公開されていませんでした。

おそらくこの後も、名前や顔画像が公開されることはないでしょう。

 

現在分かっていることは、

  • 青森市に住んでいる
  • 20代の男性
  • 消防士

ということだけ。

 

20代の男性消防士が、青森市で初となるコロナ感染者です。

 

青森市のコロナ感染者の感染経路・濃厚接触者は?

 

青森市でコロナに感染が確認された男性消防士は、どこでコロナに感染してしまったのでしょうか。

青森市内ではコロナの感染者はいなかったわけですし、これだけ外出自粛が騒がれているので、感染経路は気になりますよね。

 

ではここで、この20代男性消防士の発症前後の行動をまとめてみました。

 

  • 3月26日:転勤のため、千葉から青森市に転居
  • 3月30日:職場である青森消防本部に出勤。発熱、頭痛の症状あり
  • 3月31日~:自宅待機
  • 4月3日:コロナウイルス陽性確認

 

この男性消防士は、3月26日に「転勤のため」千葉から青森市にやってきました。

 

その際は公共交通機関ではなく、自家用車で移動したそうです。

3月26日といえば、東京でコロナ感染者が増え始めており、東京が「週末の不要不急の外出を自粛」するように要請していた時期。

 

この男性消防士は千葉ですが、千葉でもかなりの人数の感染者が出ていましたよね。

 

ただ、この男性消防士は遊びのために青森市に来たのではなく、転勤のために青森市に来ました。

年度末は異動の辞令などが出る時期ではありますが、日本じゅうがコロナで騒いでいるわけすから、今年だけは「近場の異動のみ」にはできなかったのでしょうか‥。

 

状況からみると、おそらくこの男性消防士は千葉でコロナに感染しており、青森市に来てから発症したものと思われます。

詳しい感染経路はわかっておらず、濃厚接触者についても現在調査中だそうです。

 

こんな状態のときに、感染拡大が懸念されている都市部から地方への異動を命じるのは、正直どうなの?と思ってしまいました。

立場的には断れないでしょうし、消防士という仕事柄休むわけにもいかないので、この男性消防士には、ちょっと同情してしまいます。