ダム放流するとどうなるのか?氾濫や影響/サイレン状況まとめ

 

台風19号の豪雨により、緊急ダム放流するということですが、ダム放流するとどうなるのか?下久保ダムと川治ダムの放流の可能性があがっていますが、考えられる被害とはどんなものなんでしょうか調べてみました。

 

ダム放流するとどうなるのか?

緊急のダムの放流とは、特例操作ともいわれており、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

特例操作(とくれいそうさ)は、洪水調節を行うダムにおいて、想定された計画洪水量を超える洪水が発生し、このままではダム水位がサーチャージ水位(洪水時にダムが洪水調節をして貯留する際の最高水位)を越えると予想されるときに行われるダム操作である。「緊急放流」と報じられることもある。

引用Wikipedia

 

ダムの安全を確保するために緊急放流の実施を検討されるのですが、放流することで下流の水位が上昇するおそれがあるということです><

スポンサードリンク

ダム放流による影響で氾濫する可能性は?

 

ダム放流による氾濫の可能性はあります。

 

ダムの安全もですが、下流の水位が上がっ氾濫するのも考えると不安で仕方ないですよね。

 

 

ダム放流時にサイレンはなるの?

ダムの放流時にはサイレンがなります。

雨の音で聞き取りにくい場合もありますが、放流になったら川からできるだけ遠くに離れるように避難してくださいね。

どんな音かと言うと

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

耳が不自由な方にはサイレンが聞こえないですよね。

周りにいる高齢の方にも声掛けをしていきましょう。

 

緊急放流のダム一覧

城山ダム

 

二瀬ダム(荒川水系)

川俣ダム(利根川水系)

 

 

 

 

スーパーで食料や水など変えなかった方は、まだ通販なら在庫たくさんあります!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

水を楽天でチェック

水をアマゾンでチェックする

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です