男性アイドルの生誕祭は誰で名前は特定?顔画像と開催場所はどこ?

男性アイドルの生誕祭は誰で名前は特定されているのでしょうか?顔画像と開催場所について調べてみました。

 

都内で外出自粛要請が出される中、週末(4月4日~5日)に行われていた、とある男性アイドルの生誕祭。

こんな時期に生誕祭なんて‥

一体、何を考えているのでしょうか。

 

・男性アイドルの生誕祭は、誰の生誕祭?
・男性アイドルは誰で名前と顔画像は?
・男性アイドルの生誕祭が行われた場所はどこ?

 

これらについて、調べてみました。

 

この記事を読むと、以下のことが分かります。

  • 週末に行われた男性アイドルの生誕祭について
  • 男性アイドルの名前と、ネットの憶測
  • 男性アイドルの生誕祭が行われた場所について

 

それでは早速、詳しく見ていきましょう。

 

男性アイドルが生誕祭を開催!

 

新型コロナウイルスによる感染者が毎日のように増え続け、外出自粛要請も毎週のように出されています。

我が家も、新型コロナウイルスが流行してからは、できるだけ外出を控えるようにしています。

 

もちろん、あくまでも「外出自粛要請」であり、外出をしてはいけないというわけではありません。

ですから、個人の判断で外出をしたからといって、何かしらの罰則があるわけではないのですが‥。

 

4月6日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」では、外出自粛要請が出ていた東京都内において、4月4日と5日に外出していた人たち(開催していたイベント)を特集。

その中の1つにあったのが、今回フォーカスを当てている「男性アイドルの生誕祭」でした。

 

これだけイベントや密集を控えろと言っているのに、男性アイドルは「窓のない地下」で、「50人規模」のバースデーイベントを開催したのです。

 

窓のない閉鎖した空間に50人もの人が集まるのは、まさに政府が控えるように言っている「3密」にあたります。

 

羽鳥慎一モーニングショーでは、この男性アイドルにインタビューをしましたが、コメントはもらうことができませんでした。

 

生誕祭を行った男性アイドルは誰で名前は特定?

 

おそらく多くの人は、「こんな時期に生誕祭なんて、何バカなことやってるの?」と憤りを覚えたことでしょう。

申し訳ありませんが、私もその1人です。

 

この男性アイドルは、一体誰なのでしょうか。

SNSなどを駆使して調べてみたところ、ツイッターでは「Bunny boy(バニボ)」の渡邉秀(わたなべ しゅう)ではないか?との声が挙がっていました。

 

渡邉秀さんのツイッターでは、「4月4日に渋谷で」バースデーイベントを開催することの告知などがありました。

※現在、バースデーイベントに関するツイートはすべて削除されています。

 

渡邉秀さんが4月4日にバースデーイベントをやったことは事実のようですが、この男性アイドルと同一人物かの確証はありません。

ツイッターを中心に渡邉秀さんへの誹謗中傷が相次いでいますが、この男性アイドルが渡邉秀さんと決まったわけではないので、誹謗中傷はくれぐれも控えてくださいね。

 

もちろん、こんな時期にバースデーイベントを開催するのもどうなの‥と思いますが、正直参加するほうも参加するほうですよね。

 

参加者がいなければ、イベントも中止せざるを得ないわけですから。

男性アイドルの生誕祭に参加した女性ファンは、

  • 好きなアイドルだから
  • 握手できるから
  • 友だちを5人誘って行くとアイドルと動画の撮影ができるから

などの理由から、生誕祭に参加したそうですが‥。

 

この生誕祭の会場が、クラスターにならないことを祈るばかりです。

 

男性アイドルが生誕祭を行った場所はどこ?

 

男性アイドルが誰だかはっきり分からないので、生誕祭が開催された場所もわかりません。

 

ただ、東京都内であることは間違いなく、もしも先述した渡邉秀さんがそうだとしたら、会場は渋谷区にある「Club MALCOLM」だそうです。

 

冒頭の男性アイドルが渡邉秀さんではなかったとしても、ここで渡邉秀さんがバースデーイベントを行っていたとしたら、この会場もクラスターにならないといいな‥と思いました。

 

男性アイドルの生誕祭についてまとめ

 

男性アイドルの生誕祭について、ご紹介しました。

 

まとめると、

  • 男性アイドルが誰なのか?については、はっきりと分かっていない
  • ツイッターではバニボの渡邉秀では?と言われている

となります。

 

男性アイドルについての詳しい情報はわかっていませんが、これ以上コロナを拡大させないためにも、一人一人が3密を避けるなど、徹底していかないといけないと思いました。