JR外房線脱線事故の10歳男児は誰で名前と顔画像は?小学校は特定されたか調査

 

JR外房線の線路に置き石をした10歳男児の通う小学校はどこ?

 

JR外房線の線路に置き石をした10歳男児の通う小学校についても、現時点では情報はありません。

しかし、男児が置き石をしたのは「脱線現場から200メートル離れた踏み切り内」ということ。

 

詳しい情報は公表されていないので、風評被害にならないように信憑性がない予想もこちらでは控えさせていただ後と思います。

JR外房線脱線事故の10歳男児の今後について

 

JR外房線脱線事故の10歳男児は、児相に書類送致されています。

今後は、家庭裁判所に送られるかどうかということですが、やはり起こしたことがことですし、何度もやっていたということで、今後についてどうなるのか気になります。

 

書類送致後はどうなるのかは、今後の情報を追っていきたいと思います。

 

幸いにも大惨事にはなりませんでしたが、もしものことを考える想像力が足りないことは否めません。

どちらにせよ、家族で罪を償っていかなければならないのでしょうか。

 

JR外房線脱線事故の10歳男児についてまとめ

 

JR外房線脱線事故の10歳男児についてまとめてみました。

 

まとめると、

  • 6月19日、置き石による往来危険の疑いで、10歳男児を児相に書類送致した
  • 10歳男児の名前や顔画像は、わかっていない
  • 10歳男児の通う小学校は天津小湊小学校の可能性があるが、確定ではない

 

となります。

 

10歳にもなれば、していいことと悪いことの区別はつくはずです。

男児と両親には事の重大さをしっかりと認識してもらい、改善していってほしいと思います。