久留米市(福岡県)の大雨冠水地域/場所は?被害情報の画像と動画まとめ

 

久留米市で大雨による冠水被害発生

 

連日続く大雨により、久留米市では冠水被害が発生しています。

 

 

福岡県内では多数の道路の冠水や住宅浸水などの被害が出ていますが、最も多くの住宅被害が出ているのが、久留米市です。

筑後川が氾濫し、筑後川の沿岸を中心に広い範囲が水に浸かってしまっています。

 

7月8日の朝6時時点では、福岡県内では593の住宅被害が報告されており、そのうちの9割は久留米市だそう。

約540もの住宅が、大雨による被害を受けてしまっているそうです。

 

今後も二次災害などの可能性もありますから、早めの避難などいのちを守る行動を徹底してください。

久留米市の大雨冠水被害はどこ?

 

久留米市の大雨による冠水被害は、どのあたりで起きているのでしょうか。

ツイッターの情報を、まとめてみました。

 

合川大橋付近

 

 

東郵便局周辺

 

 

城島町付近

 

 

東合川付近

 

 

新合川交差点付近

 

 

荒川町付近

 

 

北野町中付近

 

 

ゆめタウン久留米付近

 

 

梅満町付近

 

 

久留米市では、全体的に道路の冠水被害があることが分かります。

これは、かなりひどい状況ですね…。

 

くれぐれも冠水場所には近づかず、軽率な行動は控えてください。

いのちを守ることを最優先に、今すべきことを見極めて行動していきましょう。

久留米市の大雨冠水地域・被害状況についてまとめ

 

久留米市の大雨冠水地域、被害状況についてご紹介しました。

 

まとめると、

  • 久留米市では、筑後川の沿岸を中心に広範囲が水に浸かっている
  • 福岡県内で最も住宅被害が多い
  • 至るところで道路が冠水している

 

となります。

 

雨が止んでも、まだ安心はできません。

二次災害の危険性もありますから、くれぐれも軽率な行動はせず、いのちを守ることを最優先に考えてほしいと思います。