矢部太郎(カラテカ)の大家さんの年齢は?死因の病気はなに?

 

こんにちは。ことです。

今日はとても悲しいニュースで話題になっていましたね。

お笑い芸人のカラテカの矢部太郎さんと、
矢部さんが住むアパートの大家さんとの

交流を描いた漫画「大家さんと僕」は50万部突破、
第22回「手塚治虫文化賞 短編賞」受賞されてますね。

▶大家さんと僕

 

8月23日に矢部さんは大家さんが亡くなったことをツイッター報告されました。

大家さんは病気だったのでしょうか?
ご高齢だったとうことで年齢も調べてみました。

「大家さんと僕」の大家さんについて

「大家さんと僕」について、トホホな芸人の「僕」(矢部)と
、一風変わった1928年(昭3)生まれの大家のおばあさんとの、
8年前からの交流の日々を描いた4コマ漫画。「ごきげんよう」
とあいさつし、世話好き。階下からよく矢部に電話もかけてくるとか、
一緒に新宿伊勢丹へ買い物に行くなど、何げない日常綴ったお話。

1928年(昭和3年)生まれということは90歳だったんですね。

矢部さんは大家さんについて、

大家さんは僕にとっていろんな話をする友達、家族ですね。

と話されています。

大家さんも、矢部さんとの生活で寿命が伸びたとは話されていたそうで
お互いにかけがいのない関係になっていたんでしょうね。

大家さんの死因は?病気だったの?

大家さんは入退院を繰り返していたみたいですね。

なぜ大家さんが亡くなった理由は明らかにされていません。

2018年8月23日に発売された「週刊新潮」では、
大家さんが右足を骨折し、長く入院していたそうです。
手術が必要なレベルの骨折だったらしく、大家さんは矢部さんに
電話で「もう転べない」と話したのエピソードがあります。

寝たきり状態で入院されていたのかもしれませんね。
90歳という年齢からして、少しずつ体調が悪くなっていったのかもしれませんね。

▶「大家さんと僕」を試し読みする

矢部さんと大家さんについてネットの声は?

 

 

まとめ

「大家さんと僕」はこれからもまだまだたくさんの方に読まれて、
たくさん方にほっこりな気分をおすそ分けしていかれるのではないでしょうか。

ご冥福をお祈り致します。

▶「大家さんと僕」を試し読みする

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です